美白ガイド TOP → 美白の成分 アルブチン

アルブチン

アルブチンは、美白化粧品の中でも最も配合されているメジャーな成分とされています。元々は梨やウワウルシ(ツツジ科の常緑低木)といった天然の植物に含まれていたものです。このアルブチンは、メラニンを生成させないようにする効果を持っており、そのために美白化粧品でメジャーになるほど配合されるようになったのです。美白化粧品という名目で、アルブチンが配合されていないものは少ないです。

メラニン(メラニン色素)というのは、本来は紫外線から身を守るために生成されるもので、これ自体は悪いものではありません。しかしこのメラニンが、しみ・そばかすなどの原因となってしまうのは、確かな事実。特に歳を取っていくと、それに伴って色素細胞(メラニサイト)や表皮細胞に衰えが出てくるため、メラニンが表皮に残りやすくなってしまい、しみ・そばかすも出来やすくなってしまいます。

しみ・そばかすとして残りやすくなってしまうメラニンを解決するために、アルブチンが役に立ちます。メラニンを生成させないようにするとは言いましたが、しかしすでに出来てしまっているメラニンによって起こった「しみ」「そばかす」にも効果があり、これらを除去してくれる働きも持っています。アルブチンは美白を望む方にとって、強い味方となってくれるでしょう。

美白化粧品の多くには、アルブチンが含まれています。しかし時おり、アルブチンが含まれていないものもありますので、成分表記は良く見ておきましょう。


美白の成分



ブンデスリーガ 動画
ブンデスリーガの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン